ポンドで勝つFX

FX英ポンドで日々勝負しています。初期投資は10万円。その投資運用記録

ホーム > アーカイブ - 2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |


今週のドル円 週末まで100円台後半を維持できるかがカギ=みんなのFX

一時的な動きにだまされまくってますねー私は(笑)

週半ばの米CPI(消費者物価指数)や企業決算まではもみあう感じなのでしょうかね。

レンジ相場、往復ビンタで損したりするので、結構苦手です。

もちろんあとで気づくわけですけどね、レンジだったと(苦笑)

ボリンジャーバンドとかは使っているんですけど、モメンタムのほうはどうとらえればいいんでしょうね。

単純移動平均の傾き、とのことなのですが、どういう使い方すればいいのかまだよく分かってません。

おそらく状況毎に効果的なテクニカル指標違うのでしょうけども、まだ得意不得意がはっきりしていて、つかいこなせてない指標が多いです;;

頑張ります!

今週のドル円 週末まで100円台後半を維持できるかがカギ=みんなのFX
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090413-00000028-scn-brf
今週のドル円はドル買いがどこまで続くかがカギとなりそう。

 先週初めにドルが買われ、円は101円45銭まで下落したが、その後週末にかけて再び100円台前半まで戻す展開となって取引を終えている。このように、先週初めに対円でドルが買われた後、再び円が持ち直す展開となったことから、日足のドル円上昇のモメンタムは低下傾向となっており、このまま100円台を維持できるかどうかが微妙な展開となりつつある。

 もし、週初から+1σ(≒100円26銭)を割り込む展開となった場合には、再び100円割れから99円台の前半も視野に入ってくる可能性がありそうだ。

 モメンタムが低下している一方で、ボリンジャーバンドなどトレンド系のチャートではドルの上昇トレンドを示唆しており、週半ばに予定されている米CPI(消費者物価指数)や企業決算などの結果次第では、ドルのオーバーシュートも考えられよう。その場合、ボリンジャーバンドの+2σ近辺(≒102円前半)を付けることも考えられよう。

 いずれにしても、今週はモメンタムとトレンドの綱引きとなりそうなので、一時的な動きに惑わされないよう注意したい。(執筆者:株式会社インベストラスト福永博之 提供:パンタ・レイ証券)
スポンサーサイト
[ 2009/04/13 13:50 ] FX関連ニュース |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。